梶原アイクリニック

眼瞼下垂

福岡天神西通りの眼科
西鉄福岡駅より徒歩6分

当院のまぶたに関する診療は完全予約制となっております。受診希望の方はお電話(092-761-7949)にてお問い合わせください。

眼瞼下垂

治療を受けられた患者様のご感想はこちら

治療を受けられた患者様の症例写真はこちら

眼瞼下垂(がんけんかすい)とは

上まぶたが充分に上がらず大きく黒目にかぶさり、視野を妨げている状態を言います。

自覚症状

・まぶたが重い上方の視野が狭く感じる(指で上瞼を引き上げると明るく・見やすくなる)
・目の奥が痛んだり疲れた感じがある
・いつも額に力を入れて眉を上げないと正面が見づらい
・肩こりがひどい

家族など周囲の人が気づく兆候

・眠そうな目をしているように見える(本人は眠くないにも関わらず)
・正面を見る時にもおでこに力を入れて眉毛を上げている
・正面を見る時にも顎を上げ、顔をやや上に向けている

片側のみの眼瞼下垂は気づかれやすいですが、左右両側に同じ程度の眼瞼下垂がおきていると、眉を上げる、顎を上げるなどの行動による対処が知らず知らずのうちに行われ、進行すると視野の上のほうだけでなく真正面の物までも見づらくなり、おでこや顎上げでの対処が慢性的に続きます。この行為は首と肩の筋肉にかなりの負担をかけ、痛みや肩こりの原因にもなります。肩~首に対して多くの患者様が様々な治療を試みておられますが、眼瞼下垂からくるあご上げが原因であれば、効果は一時的なようです。

 

ある程度進行した眼瞼下垂は外見上すぐにわかります。眼瞼下垂がどんなものかという事を知っていただくには、写真を見ていただくのが最もわかりやすいでしょう。(ご本人の許可は頂いています)

当院で眼瞼下垂手術を受けられた患者様の術前の状態です。
左右を比較すると左まぶたのほうがより挙がりが悪いようですね。症状の項目で記したように、無意識のうちに額に力を入れる事で少しでも目を開く補助としておられ、眉が本来の自然な位置よりも上がっています。眠そうな印象を持たれる可能性もありますね。
瞼を開けようとしても目と眉の中間あたりの皮膚が引っ込むばかりで、筋肉の力が瞼に充分伝わっていません。腱膜性眼瞼下垂は、長い年月をかけてゆっくりと変化していくので、ご本人もご家族の方も中等度~重度まで進行しないとなかなか気づきません。

眼瞼下垂

原因

上まぶたには上眼瞼挙筋という筋肉の末端が腱膜(膜状の腱)の形で付着しており、その筋肉が収縮する事で引き上げられています。
上眼瞼挙筋は動眼神経という神経の命令によって動いています。よって上まぶたが充分に上がらないのは、神経-筋肉-腱膜-上まぶたというつながりの中のどこかに不具合があるという事です。

診断

眼瞼下垂かどうか判断するのに、黒目の中央まで上まぶたがかかっている必要はありません。
普通に正面を見て、黒目の中央から2~3mm上方に上まぶたの縁が来ている人は眼瞼下垂の疑いがあります。まぶたの位置は正常なのに、皮膚のたるみによって視界が遮られる皮膚弛緩のケースも考慮に入れ、医師が見分ける必要があります。
眼瞼下垂の原因別の分類としては、まず生まれつきのもの(先天性眼瞼下垂)と、後から現れてくるもの(後天性)に分かれます。そしてそれぞれの中で神経系、筋肉、腱膜のうちどこにどのような異常があるかによって、別々の疾患となります。
そのどこかの異常を起こし得る疾患は眼科疾患のみならず非常に多岐にわたるため、頻度は少ないながらも特殊な疾患を見逃さないためにも、診察時にさまざまな項目をチェックせねばなりません。パッと見た感じで短絡的にすぐ手術と決めてはいけません。
 
眼瞼下垂の原因となりうる疾患は様々ありますが、もっとも一般的でよく見られるのは腱膜に原因のある眼瞼下垂です。これを腱膜性眼瞼下垂と言います。瞼を引き上げる筋肉の最終部分である腱膜が伸びてしまったり、一部脂肪変性してしまっている事で、筋肉までは正常に動いていても、筋肉の引く力がまぶたまで充分に伝わっていないのです。

潜伏していた瞼の脆弱性が白内障や緑内障の手術後から顕在化してくる事もあります。これは自然経過で回復する事も多く、ある程度の期間、様子をみる事が重要です。

自分の免疫系が自分の組織を攻撃するような、自己免疫疾患からくる眼瞼下垂の方の来院も増えており、そうであれば内科での薬物治療でかなり改善が見込めますので、疑わしいケースでは総合病院内科をご紹介いたします。

コンタクトレンズと腱膜性眼瞼下垂

コンタクトレンズを長年使用しておられる方に腱膜性の眼瞼下垂が起きる場合があります。つけはずしの際に瞼を引っぱる事による刺激や、内側(結膜側)からコンタクトレンズが接触する慢性的な刺激が原因とも推測されています。

眼瞼下垂の治療

成人の眼瞼下垂の患者様のうち、多くの方が該当する腱膜性眼瞼下垂は手術によって治療が可能です。 入院の必要はなく、日帰り手術です。
当院では腱膜性眼瞼下垂に対する手術治療を長年行っています(専門外来のため予約が必要です)。眼科における眼瞼下垂症手術としては、近隣の総合病院の手術症例数を上回っています。
手術で伸びてしまった腱膜を切除・短縮する事でまぶたが楽に上がるようになります。

当院では皮膚側に切開を行わない、まぶたの裏側から手術する経結膜法を主に採用しております。そのため皮膚表面には縫い目や傷はできないため、術後に洗顔や洗髪が禁止される事はありません。※切らない眼瞼下垂手術(通糸法)とは異なります。
術中の痛みは最初の麻酔注射の時のみで、結膜は粘膜であり目薬での麻酔がよく効きます。注射は点眼麻酔を充分に効かせた後に、極めて細い針で行いますので、皮膚への注射よりは痛くありません。いつ注射したかよくわからない事もあります。局所麻酔の手術ですが、手術中は眠っておられる方もおられます。
術後は麻酔がきれてくると鈍い痛みが出始めますので、院内で鎮痛薬を内服していただきます。内服で充分効果があります。鎮痛薬を数日分お渡ししていますが、翌日以降飲まれていない方がほとんどです。
 
皮膚側から切る方法と比べて腫れの引きがかなり早く、5~10日後には、腫れは素人目にはわからない程度になる事が多いです。皮膚に傷が無い事から、傷跡の心配がまったく無いのはもちろん、翌朝から洗顔や洗髪、お化粧さえ可能です。

他院にて眼瞼下垂手術を受けられた方で、上瞼のラインが丸くなく、上瞼中央が富士山のように尖ってしまっているケースを見かける事があります。まぶたの高さは開くようになっている以上、下垂は改善されているのですが、上瞼の特定の位置にのみ力が加わり、尖った形状の目になってしまっては、患者様にとってその苦痛は眼瞼下垂の苦しみと同等以上のものかもしれません(追加修正が不可能な事ではありません)。
一般的な皮膚切開からの手術では、まぶたの表側を比較的広く剥離したのちに縫うので、自然なカーブの調整はやや難易度が高いです。それでも安定して自然な丸みを出せる執刀医は名医といえるでしょう。ただ、経結膜アプローチの手術ではまぶたの表側をまったく剥がさないため、ナチュラルな上瞼のカーブ(丸み)は保たれますし、何より腫れの程度や期間が短くすみます(個人差はありますが)。上瞼のどのあたりを高くするか、何ミリ短縮するかといったデザインの微調整が比較的やりやすいです。挙筋群の短縮量と実際に瞼が上がる幅というのはイコールではありませんので、経験と術中の微調整と過去のデータが強い味方となります。

 

より自然な術後形状の追求

当院で行われる眼瞼下垂手術の特徴の一つとして、術後の上瞼の形状の自然さがあります。
人の上瞼の縁は丸みを持った弧(カーブ)を描くものであって、それが特定の場所でカクカク尖っていては、不自然です。眼瞼下垂の術後に中央一箇所が富士山のように尖っている三角目は、あまりにおかしいのでさすがに手術した病院で修正してくれるケースが多いと思われますが、そこまで極端でなくても二箇所がカクカク尖っている四角っぽい目はしばしば見うけられます。 
当院では上眼瞼が挙がるという事のみならず、患者様に女性が多いという事もあって、術後の丸みが自然である事にこだわりと熱意を持って丁寧に手術中のデザインや位置決めをしています。いかにも手術をして作ったな、と他人にすぐ気づかれてしまうような不自然な形にはさせません。

そう言い切れる眼瞼の専門家はとても少ないと思います。

 

※手術前の患者様が心配なさる事がありますが、瞼の位置が上がり過ぎて目を閉じられなくなる事はありません。少なくとも当院では過去一度も起きていません。

※当院で片方のまぶたの手術を受けられた方の写真を見ても、専門家でないかぎり左右どちらが手術した瞼なのか言い当てる事ができないケースもあります。

※瞼の皮のたるみが目にかかる事によって視界が遮られる場合、眉毛下からの皮膚切除を行います。眉下切開とも呼ばれる方法です。

※瞼の皮の余りがあって、なおかつ下垂手術を機に幅の広い二重も同時に作りたい方は、経結膜法は向かず、美容外科での皮膚切開法をおすすめします。

 

正面写真 上が術前・下が術後です。眉毛まで上げて頑張って目をあけようとしても十分でなかったものが、額をリラックスさせても楽に目が開くようになっています。

横方向からの写真だと目の上のくぼみの改善がわかりやすいかと思います。
この写真では開き具合が大差ないように見えるかもしれませんが、術前(左)は無意識に額の筋肉で眉を上げ、上眼瞼挙筋にもかなり力を入れて開けようと努力している状態です。この状態は長続きはしません。術後(右)は自然に楽にまぶたを上げる事ができ、眉毛の位置を上げずに済んでいます。

術前に目の上のくぼみが強い方は、弱めの短縮ではくぼみが消えるだけで、上まぶたの高さ自体は思ったほど上がらないという事もありえますので、そのあたりも考慮した短縮量の設定が重要になります。

目は顔のパーツの中で最も美的な影響が大きい部分です。手術治療によって外見上も改善する事が多いですが、この手術は美容が目的ではなく、眼瞼下垂症というひとつの疾患の治療ですので保険適応(適用)があります。手術料単体の金額は3割負担の方で片目あたり21600円です。民間の医療保険に加入されている方は、(契約内容にもよりますが)そこからも手術給付金が支給される事がほとんどです(入院を必須の給付要件とするような保険契約の場合を除く)。

 

瞼が上がりにくい事や、視界がせまい事に薄々気づいていても、加齢のせいでどうしようもないものだろう、と考えて諦めておられる方も多いようです。しかし眼瞼下垂は加齢によって誰もが陥る状態ではなく、(手術とはかぎりませんが)治療でかなりの改善が見込める病気です。まぶたの下がりや視界を遮るほどの上まぶたのたるみが気になる方は、当院へお電話でご予約の上、ご来院ください。

 

手術をすでに当院で受けられたかたからの口コミで、そのご友人の方などが受診される事がかなり増えており、今年に入ってから全員にご希望の時間帯や曜日をおとりする事は難しくなってきております。治療をご希望のかたはお早めのご予約をお願いいたします。

ご注意
まぶたに関する診療は完全予約制(予約方法はお電話のみ)とさせていただいております。また、初診時にはまぶたが下がる前の昔の写真をご持参ください。

治療を受けられた患者様のご感想はこちら

治療を受けられた患者様の症例写真はこちら

入居を希望される方

福岡西通りの眼科・梶原アイクリニック
診療に関するご相談、お問い合わせはこちらより

お問合せフォームに移動する