梶原アイクリニック

逆まつげ・睫毛内反症

福岡天神西通りの眼科
西鉄福岡駅より徒歩6分

当院のまぶたに関する診療は完全予約制(水・金と隔週土曜のみ)となっております。受診希望の方はお電話でのご予約をお願いします。

睫毛内反(しょうもうないはん)

まつ毛が内反する病気で、一般的には逆まつげと言われています。
まつ毛が内側を向いて、くろめ(角膜)の表面に触れている状態です。
まつ毛がくろめ(角膜)の表面を傷つけると、目やにや充血、ゴロゴロした異物感、ひどい場合には視力低下などの症状がでます。

診察では、まぶたの形、まつ毛の向き、まつ毛がくろめ(角膜)に接触しているかどうか、角膜の傷の程度などを診断します。また、まぶたの目頭側の蒙古ヒダと呼ばれる内眼角贅皮の形状も見ます。蒙古ヒダが発達しているとその兼ね合いで、単純な内反症手術が功を奏さない事もあります。
常にまつ毛が角膜に接触している場合のほかに、目を向ける方向やまばたきの強さ次第で、まつ毛が角膜に接触しやすくなる瞬間があります。

乳幼児の場合、多くは成長とともに自然に治ります。しかし、成長しても治らない場合や視力の低下や結膜充血が起きるようなケースでは、まつ毛が角膜に触れないようにする手術が必要となります。下記の術前後写真(下まぶたの睫毛内反)のように手術でまつげの向きを変える事を当院では行っています。下の写真は左から術前・術後1週目(抜糸直前)です。

福岡の逆まつ毛術後写真

若年者の下まぶたの逆まつ毛(内反症)は再発性がありしぶといです。しっかりとまつ毛の向きを起こすにはコツがいります。外見上、手術の傷跡は残ります(程度は個々人の体質と術前の重症度によって様々です)が、目の痛さや睫毛の当たる違和感、涙が出る事や充血などのつらい眼症状を軽減する事のほうを外見よりも優先される方には、保険適応内での手術治療が可能です。
睫毛の向きを起こす事以外に外見的なご要望がおありの場合は、保険適応とはなりません。
まぶたの切開法は行なっている病院が少ない上、美容外科で相談しても断られる事が多いそうで、他県からも当院へご来院いただいていますが、まぶたの逆まつげは扱っているクリニックは多く、特に若い方、外見にこだわりのある方の場合、外見が大きく変わるため、他院をお勧めする場合がございます。
※高齢になってから現れた逆まつげは下記のようにまた別の疾患であり、治療法も異なります。

※美容外科など他院での手術で不具合が生じたかたの瞼への追加手術等は行っておりません。

眼瞼内反(がんけんないはん)

眼瞼内反も、一般的に逆まつ毛と言われます。睫毛内反は睫毛が内側に向かっていますが、 眼瞼内反はまぶた自体が眼球の方にめくれ込んでいる状態をいいます。その多くは加齢によってまぶたを支える組織がゆるんで起こる退行性の疾患です。

角膜や結膜のトラブルが軽い場合は、点眼薬や眼軟膏で治療します。
トラブルが重度の場合は、内反の程度に応じた適切な手術を受ける必要があります。

ご注意!
当院のまぶたに関する診療は完全予約制(水・金と隔週土曜のみ)となっております。受診希望の方はまずお電話(092-761-7949)にてご予約をお願いします。

入居を希望される方

福岡西通りの眼科・梶原アイクリニック
診療に関するご相談、お問い合わせはこちらより

お問合せフォームに移動する