梶原アイクリニック

アレルギー性結膜炎

福岡天神西通りの眼科
西鉄福岡駅より徒歩6分

アレルギー性結膜炎

結膜炎とは、目が充血して、目やにが出る状態をいいます。 細菌やウイルスの感染、アレルギー反応、ドライアイなどが原因となって発症します。

アレルギー性結膜炎とは

空気中の、いろいろな物質に対する、結膜のアレルギー反応が原因となって起こる結膜炎をさします。
原因物質をアレルゲンと呼びますが、いろいろな花粉のほかに、ダニなどのハウスダスト、カビ、動物の毛などがあります。花粉が原因となるアレルギー性結膜炎は花粉症と呼ばれています。
結膜は外からの刺激や異物にさらされやすく、涙などでいつもぬれています。そのため、ハウスダストや花粉がくっつきやすく、アレルギーが起こりやすい部位なのです。

アレルギー性結膜炎の症状

アレルギー性結膜炎の症状は、まず目にかゆみがおこります。同時に鼻水、くしゃみが出ることもあります。
ひどくなると、目が軽く充血したり、粘った目やにがでたり、白目の部分がはれることがあります。

アレルギー性結膜炎の治療

症状が悪化しないようにするため、薬剤による治療を行います。
まず、目薬で治療します。抗アレルギー点眼薬がよく使われます。
花粉症の場合、季節が判明している場合は、かゆみなどの症状が出る前に目薬をつけ始めることで、症状を予防したり、軽くしたりすることができます。

症状に合わせて、ヒスタミンH1拮抗(きっこう)点眼薬とメディエーター遊離抑制(ゆうりよくせい)点眼薬などの専門の目薬を処方します。
詳しくはご相談ください。

入居を希望される方

福岡西通りの眼科・梶原アイクリニック
診療に関するご相談、お問い合わせはこちらより

お問合せフォームに移動する