梶原アイクリニック

甲状腺眼症・バセドウ眼症

福岡天神西通りの眼科
西鉄福岡駅より徒歩6分

当院のまぶた(甲状腺眼症)に関する診療は完全予約制となっております。受診希望の方はお電話(092-761-7949)にてお問い合わせください。

甲状腺眼症・バセドウ眼症

まぶたに関する診療をしていると、まぶたの下がりについてだけでなく、逆に上まぶたが過剰に上がり過ぎた状態でお悩みの方が時折来られます。これは上眼瞼後退と呼ばれる症状です。
まぶたが下がる眼瞼下垂に関しては、気付かず放置されている方も多いですが、眼球突出や上眼瞼後退状態はかなり人相が変わってしまうため、他人からしばしば指摘を受けたり、鏡に映った自分が自分らしく思えなかったり、ご本人の苦しみも大きなものです。
 
しかし新しく出会った人からは、元からそういう目つきだったのだろうと認識されるため、なかなか理解されない疾患です。 

確かに病気でなく、もともと目が出ている人は居ますが、過去にはそうでなかったのにここ数ヶ月~数年の単位で目が大きくなる方向へ変化してきたのなら何らかの病気を疑うべきです。
病院を受診する際は、以前の顔(目の開き幅)との差異をわかってもらうため、このような状態になる前のご自分の顔写真を持参されたほうがよいでしょう。そうでなければ、初期〜中等症の段階でも病的な変化であると認識されない場合があります。
 
もしあなたが上まぶたが後退(正常より高い位置に上昇)している状態なのであれば、原因として最も多いのは甲状腺疾患ですから、眼科受診より先に甲状腺の診療を専門に行う病院でチェックしてもらいましょう。近隣にそういった病院が無いなら、一般的な内科でも血液検査でおおよその判定は可能です。
自らの甲状腺を免疫系細胞が攻撃してしまうバセドウ病・橋本病などの自己免疫疾患である場合、そのような疾患に関連して起きてくる眼の多彩な病的変化は甲状腺眼症と呼ばれます。

甲状腺眼症とは

おおまかに説明すると、体内に自分自身の甲状腺組織を攻撃する自己抗体が出現している状況で、眼の周囲(まぶた・眼筋・脂肪など)に炎症が起こって腫れや充血が起き、視力や眼の動き、眼球の位置にまで異常をきたす状態です。
 
眼症の症状としては、
眼球が突出してくる
上まぶたが過剰に上がり、目の開きが大きくなる
下まぶたのまつ毛が目に当たるようになる
まぶたが腫れる
寝ている間も目が完全には閉じていない。そのため起床時に目が痛く充血もする
両目の映像が一致せず、物が2つにズレて見える(特に上方向を見たとき)
目の奥が痛い
目の表面の異物感や乾き
まぶしさに敏感になる
視力の低下 視野が欠ける
 
などがあります。
甲状腺疾患特有の全身症状は、甲状腺ホルモンの血中濃度に異常がある事によって出ますが、それと眼の症状は同時に起きるわけではありません。概念としてとっつきにくいところですが、自己抗体によって甲状腺が攻撃される病気と、目の周囲が攻撃される甲状腺眼症は別個の疾患と考えておかれたほうがよいでしょう。バセドウ病と診断されて治療がはじまった後、甲状腺ホルモンの数値が正常化して安定したにも関わらず眼の異常が出現したり、あるいは眼やまぶたの異常が先に出て、何年か後で甲状腺ホルモン値の異常が遅れて生じてくるケースもあります。
よって、甲状腺眼症が疑わしい症状があったとしても、甲状腺ホルモンの値はその時点では正常であるケースもあり、甲状腺を攻撃する自己抗体が出現していないかを追加で調べる事が有効なケースがあります。
 

当院でできる事

炎症を抑えるステロイドパルス療法(入院が必要)、放射線治療、眼の向きを改善する斜視手術、突出した眼球位置を後退させうる眼窩減圧術などはいずれも当クリニックにおいては実施できません。
しかしそれ以前にまず最初に大切なのは、そういった本格的治療へ進む必要があるのかどうかを判定する段階です。
甲状腺眼症は炎症が激しく起きている時期と、その後に病状が固定化した時期では実施できる治療が異なるため、どの病期にあるのかの判定がまず必要で、そのために最も有用なのがMRI検査なのです。※造影剤の注入は原則必要ありません。

 
判断するには通常とは異なるMRI撮影法が必要であり、当院の予約制外来では他施設とも連携することでそのMRI検査を受けていただけるように手配可能です。そののち、パルス療法や手術などが適応になりそうであれば病状やお住まいの地域に応じて甲状腺眼症の専門家にご紹介をする事が可能です。※減圧術まで進まれる場合はCT検査も求められる事があります。
 
甲状腺眼症に詳しい専門家は眼科医の中でも非常に数が少なく、紹介状無しで直接受診する事は難しい状況ですが、受診しやすい一般的な医院に行っても(この疾患とその治療は認知度が低いためか)、「元々そういう目なんじゃないですか?」「内科の飲み薬を続けてれば目も治るんじゃないの?」「うちでは扱って無い」「治療法は無い」などと言われ紹介状ももらえず終わってしまう事もあるようです。これでは診断にも治療にもつながりませんね。。。
当院は甲状腺関連疾患の専門的施設ではありませんが、眼瞼下垂を長年扱い、まぶたの位置を動かしてきた経験から、上瞼の高さに関する異常にはとても敏感です。
 
目の開きが大きくなり過ぎている方、最近眼が前に出てきたと感じられている方で、診断や専門家紹介を受けたいかたは、過去の顔写真をご持参の上で当院の眼瞼外来をご予約ください。すでに内科で甲状腺疾患であると診断されている方は紹介状または血液検査データを必ずご持参ください。
 
 
↑眼窩減圧術が成功し喜んでおられる方の動画です。35秒と短いのでご覧ください。突出した眼球位置を改善する治療は存在するのです。(※当院では実施できません)
 
中等度から重症の甲状腺眼症の診断と治療は一人の医師のもとで完結するものでは無く、甲状腺内科眼科放射線科など複数の科と病院が交互に患者さんに関わる必要があります。入院での治療もあり、看護師視能訓練士など医師以外の多職種の連携も欠かせません。 
ただどこにそんな輪があるのかは見えづらいものです。あなたが専門家につながる一助となれれば幸いです。
 

眼瞼や甲状腺眼症に関する診療は完全予約制となっております。

甲状腺の病気に伴う目の症状、特に眼球の突出に関しては「治らない」などと言われて諦めておられる方も多いようですが、治療である程度改善が見込めるケースは多いですから、状態改善に向けて一歩踏み出したい方は、当院へお電話でご予約の上、ご相談ください。※もちろん事前に甲状腺眼症だと確定している人はほぼおられませんから、なかなか治らない目の奥の痛みやまぶたの腫れなど、可能性の段階でも受診していただいて大丈夫です。

 

(外部サイトへのリンク集)

特集:バセドウ病と目の病気←とても参考になるサイトです。
オリンピア眼科病院←リンク先の「よくある質問」のなかで甲状腺眼症についてわかりやすく解説されています。
ここをクリック←眼球突出を治療する減圧術の術前術後の画像検索結果です。(海外版)
甲状腺眼症がよくわかる本←医学に詳しくない方にもおすすめの参考書籍です。

 
 
 
 
甲状腺関連の眼病には禁煙が最も重要です。副流煙さえも目の症状悪化の一因となります。

入居を希望される方

福岡西通りの眼科・梶原アイクリニック
診療に関するご相談、お問い合わせはこちらより

お問合せフォームに移動する