梶原アイクリニック

まぶたの手術

福岡天神西通りの眼科
西鉄福岡駅より徒歩6分

当院のまぶたに関する診療は完全予約制となっております。受診希望の方はお電話でのご予約をお願いします。

まぶたの手術

当院では、毎週複数日(現在 水・金・土曜)にわたって、眼瞼分野の眼科医による逆まつげ、眼瞼内反、眼瞼下垂などまぶたの診察・日帰り手術治療を行っています。
まぶたの疾患に関するご相談や、手術治療は完全予約制です。詳しくはお電話(092-761-7949)にてお問い合わせください。たくさんのお問い合わせをいただいており、すぐには予約がお入れしにくい状況となってきております。まぶたの事でお困りの方はお早めにご相談ください。

当院で治療を受けられた患者様のご感想はこちら

当院で治療を受けられた患者様の症例写真はこちら

専門診療


上まぶたが黒目にかぶさり、視野を妨げている状態を治療


「原因は?」・「治療方法」・「当院の角膜専用特殊検査装置」

眼瞼下垂(がんけんかすい)

眼瞼下垂術後写真

上まぶたが充分に上がらず大きく黒目にかぶさり、視野を妨げている状態を言います。当院で扱う手術の中で眼瞼下垂手術が最も症例数が多く、力を入れております。眼瞼下垂についてはこちらをクリック

睫毛内反(しょうもうないはん)

まつ毛が内反する病気で、一般的には逆まつげと言われています。
まつ毛が内側を向いて、くろめ(角膜)の表面に触れている状態です。
まつ毛がくろめ(角膜)の表面を傷つけると、目やにや充血、ゴロゴロした異物感、ひどい場合には視力低下などの症状がでます。

診察では、まぶたの形、まつ毛の向き、まつ毛がくろめ(角膜)に接触しているかどうか、角膜の傷の程度などを診断します。また、まぶたの目頭側の蒙古ヒダと呼ばれる内眼角贅皮の形状も見ます。蒙古ヒダが発達しているとその兼ね合いで、単純な内反症手術が功を奏さない事もあります。
常にまつ毛が角膜に接触している場合のほかに、目を向ける方向次第(下まつげの場合、特に下方を見た時)やまばたきの強さ次第で、まつ毛が角膜に接触しやすくなる場合があります。

乳幼児の場合、多くは成長とともに自然に治ります。しかし、成長しても治らない場合や視力の低下や結膜充血が起きるようなケースでは、まつ毛が角膜に触れないようにする手術が必要となります。下記の術前後写真(下まぶたの睫毛内反)のように手術でまつげの向きを変える事を当院では行っています。下の写真は左から術前・術後1週目(抜糸直前)です。

福岡の逆まつ毛術後写真

若年者の下まぶたの逆まつ毛(内反症)は意外にしぶとく、縫うだけなどの簡単な方式だと再発が比較的多いため、若年の成人では皮膚切開を伴う術式で行います。しっかりとまつ毛の向きを起こすにはコツがいります。いずれにしても外見上、切開の痕跡は残る事はありえますが、目の痛さやメヤニ、目の充血などの症状から解放されるメリットは大きいです。
※高齢になってから現れた逆まつげは下記のようにまた別の疾患であり、治療法も異なります。

眼瞼内反(がんけんないはん)

眼瞼内反も、一般的に逆まつ毛と言われます。睫毛内反は睫毛が内側に向かっていますが、 眼瞼内反はまぶた自体が眼球の方にめくれ込んでいる状態をいいます。その多くは加齢によってまぶたを支える組織がゆるんで起こる退行性の疾患です。

角膜や結膜のトラブルが軽い場合は、点眼薬や眼軟膏で治療します。
トラブルが重度の場合は、内反の程度に応じた適切な手術を受ける必要があります。

眼瞼外反(がんけんがいはん)

眼瞼外反症は、まぶたの縁が目玉から離れ、「あっかんべー」をした時のように赤い部分が露出してしまう病気です。主に下まぶたが外にめくれて赤い部分が見えている状態になります。角膜と結膜の乾燥や充血・白濁につながります。

加齢によるまぶたの緩み、麻痺(特に顔面神経の麻痺)によるもの、ケガや火傷の瘢痕によるものなどの原因があります。

治療法としては下瞼を短縮するKuhnt-Szymanowski Smith変法やLateral Tarsal Stripという術式があります。

甲状腺眼症

甲状腺疾患からまぶたを含む眼球の周囲に異常が現れます。詳しくはこちら

翼状片

まぶたではありませんが、結膜(白目の部分)の疾患である翼状片の治療も行っております。詳しくはこちら

外部リンク

まぶたに関連するサイトのリンク集

ご注意!
当院のまぶたに関する診療は完全予約制となっております。受診希望の方はまずお電話(092-761-7949)にてご予約をお願いします。

入居を希望される方

福岡西通りの眼科・梶原アイクリニック
診療に関するご相談、お問い合わせはこちらより

お問合せフォームに移動する